内装や使い方も利用者が決めるシェアスペース 高松市成合町で始まる

高松市成合町で6月23日、新しいシェアスペースを作るプロジェクトが始まる。「お互いの夢を応援する拠点を創ろう!」がコンセプト。レイアウトや内装、使い方などは決まっておらず、利用者同士がインターネット上にあるSNSのコミュニティで相談しながら決め、実際の工事に反映していく新しいスタイルの企画となっている。


▲整骨院の2階にある30畳の倉庫跡

同スペースを企画したcocokara conditioning space クリエイト代表の久保田 健二さんは「単に場所を提供して、シェアすることをしたいわけではない。創る作業から一緒に体験することで、本当にお互いの夢を応援しあえる仲間になっていくと思う。そんなコミュニティを地域密着型、オンラインでの日本全国とつながる場所、両輪のハイブリッド型で創りたい」と話す。


▲同じ敷地に建っている築50年の家屋

6月23日には、キックオフイベントとしてシェアスペースの内覧会が開催される。見学できるのは、久保田さんが経営する整骨院の2階にある30畳の倉庫跡と、同じ敷地に建っている築50年の家屋。内覧会では、久保さんからの今後のビジョンについての説明の他、参加者同士で自分がシェアスペースを活用して実現した活動や夢について話し合う企画やバーベキュー懇親会なども予定されている。


▲cocokara conditioning space クリエイト代表の久保田 健二さん

内覧会は14時~19時。懇親会は2,000円で、事前予約が必要。

https://peraichi.com/landing_pages/view/fcrbs


【6/10】トキワ街周辺で総合サブカルイベント第7回「ときこす」開催!!

商店街一帯が「サブカル」で染まるイベント「第7回ときこす」が6月10日、高松常磐町商店街と周辺エリアで開催される。

「あなたが輝く場所、ここにあります!!」がキャッチフレーズの同イベント。まだ日本ではあまり知られていないサブカルチャーも積極的に取り入れ、2015年6月に始まった。第1回から500名以上を集め、毎回参加者数を伸ばしながら、前回は過去最大となる約1,000名の参加者を集め、商店街のにぎわい創出に一役買っている。

今回もコスプレを中心に、サバイバルゲーム、パフォーマンスステージ、ボードゲーム、ハンドメイドマルシェ、LARP(Live Action Roll Playing)、球体関節人形制作体験、ポーカーなどと様々な企画・ブースが設けられている。

前回初出展した「香川ポーカー倶楽部」が主催するポーカーブース。

ポーカーと言えば、ギャンブルを連想する人も多いが、頭を使うゲームとして人気のあるコンテンツで、前回は初心者がほとんどだったにも関わらず常に座席が埋まるほどの人気で、初心者プレイヤー同士がかけひきを楽しんだ。

そして、ここ最近特に勢いがあるのはLARP(Live Action Roll Playing)。

日本ではまだ認知度の低いコンテンツだが、「参加者が登場人物になりきり五感を使って冒険を体験する」というもので、自身がその世界観に入り込んだような感覚と、自分自身が考えて物語を展開していくというこれまでにない臨場感や達成感に、参加者の満足度は高い。

地元香川でLARPの普及を目指す「ダンデリオンLARP」の代表ユイエさんは、「演劇のような楽しさを多くの方に知ってもらえるよう、またテレビゲームでは味わえないリアルな感動を『体感できる』イベントを目指している」と話す。

前回のときこすでもコスプレで様々なキャラクターに扮した参加者が冒険を楽しみ、なにより「柔らかい武器を使って安全に戦う」という「演技戦闘」のトーナメントに会場はおおいに盛り上がった。

「ときこす」開催時は商店街の雰囲気が普段とガラッと180度変わる。様々な「サブカル」に触れながら、普段とは違う商店街の一面など、今まで知らなかった新しい「好き」に出会ってみてはいかがだろうか?

開催時間は10時~17時。参加費(チケット)は1,000円。一部企画は別途料金が必要。


商店街でプチかえっこイベント 常磐街GWマルシェと同時開催

ゴールデンウィーク後半の5月4日、高松中央商店街の南部3町ドーム広場(高松市南新町)で親子イベント「プチかえっこバザール」が開催される。

「かえっこ」は全国各地で開催されている子供が主体の「お買い物遊び」イベント。成長とともに遊ばなくなったおもちゃを持ってくると、全国の同イベントで使える「カエルポイント」に交換できる。ポイントはイベント内で開催されるワークショップなどに参加してももらえる。貯まったポイントで他の子供が持って来たおもちゃを買うことができる。

今回の会場「南部3町ドーム広場」は、常磐町・田町・南新町の3商店街が交わる広場。同広場では、前日の3日からマルシェイベント「常磐街GWマルシェ」も開催されている。

両イベントともに参加無料。ただし、ワークショップは有料。

■プチかえっこバザール
5月4日(金・祝) 11:00~16:00
http://www.papamama-machi.com/

■常磐街GWマルシェ
5月3日(木・祝)、4日(金・祝) 11:00~17:00
http://www.tokiwagai.net/marche/


応援を文化にしたい「好きなことを仕事にしちゃおう!」ワークショップ・マルシェ開催

東日本大震災があった3月11日を「互いに応援しあう日にしよう」との趣旨で全国各地の有志が開催する「おうえんフェス」の一環で、香川では「好きなことを仕事にしちゃおう!」のテーマでワークショップやチャリティマルシェが開催された。

企画したのは、高松市在住でフリーランスの歯科衛生士として活動している赤澤美裕記さん。サンプラット(高松市屋島西町)を会場に開かれた同イベントでは、自分の強みを発見して、仲間をどのように応援するかを明確にするワークショップや、好きなことを仕事にするため明日からできる行動を明確にするワークショップなどが開催された。また、チャリティマルシェには、写真撮影やメイクセラピー、カフェブースなどが出店され、賑わいをみせていた。

この日が初出店だったという「はなはなママ工房」の久保みどりさんは「いろんな方から当日アドバイスをいただき完売することができた。新しいことに挑戦すること、新しい世界を知ること、新しいご縁をいただくことを体験できたのが、おうえんフェスだった。恩返しも大切だけど、恩送りをしていきたい」と、満面の笑みで語っていた。


↑主催者の赤澤美裕記さん

赤澤さんは「香川にいながら、全国の様々なジャンルの方と交流する機会となり、香川でも応援の輪が広がったと感じている。できた繋がりを大切に、目の前の方を全力で応援していきたい」と今後の活動について語る。県内では、「おうえんカフェ 香川ほかほかのもり店」という名称で、起業したい女性をサポートする活動をスタートしている。

https://www.facebook.com/ooenkagawa/


ジュエリーショップ「クレム・クレム」が南新町に移転 漆アートジュエリーも

ジュエリーショップ「クレム・クレム」が、2月23日、南新町商店街に移転、リニューアルオープンした。

同店ではジュエリーショップとして県内初となる漆アートジュエリーコーナーを設けている。香川の伝統工芸「漆芸」の伝統的ものづくり振興事業として、高松を中心にジュエリーデザイナーとして活動している中野敬子さんの作品が展示販売される。伝統工芸品目である漆アートジュエリー「KEIKOKEIKO」が取り扱われることで、漆工芸の産業・市場を活気づける狙いがある。

中野さんは「漆を使ったジュエリーやアクセサリーはこれまでにもあったが、和に偏ったイメージがあった。モードやアートを感じる作品を世に送り出すことで、洋服にあわせて楽しめる格式高いジュエリーとしてフランスなどヨーロッパでも受け入れられるような漆文化を発信していきたい」と語る。

営業時間は11時~19時 定休日 火曜日、第2第4水曜日。

クレム・クレム
http://cremecreme.net/


瓦版
  • 高松経済新聞
  • しまのこと